年収2000万円のサラリーマンの生活レベルを紹介します|家賃や貯金もタイプ別に解説

こんにちは、サラリーマン社長です。

 

さて今回は、

年収2,000万円サラリーマンの生活レベル

について書いていきたいと思います。

 

 

 

コロナが落ち着いてきたこともあり、先日OB訪問を受けました。

 

 

「やりがいなんて働いてみないとわからない」

「やっぱり給料は大きいですね」

 

 

うん、間違いない!

キミは正解だ!

おじさんもそうだったよ!

 

 

 

僕は、年収ランキングで上位に顔を出す大手企業につとめています。

いまの年収は2,500万円程度。

 

「先輩の生活はどんな感じなんですか?」

 

 

最近の子は単刀直入にきくね。いいね。

率直なところを教えてあげようじゃないか!

 

 

いろいろと暴露してきました。

 

 

話をしていて思ったことは、たしかに年収2,000万円の生活レベルというとみんな興味がありそう。

ということで、もう一歩調べた内容もあわせてまとめていこうと思います。

 

 

 

年収2000万円の生活

 

当然ですが「食う寝る遊ぶ」に困ることはありません。

僕の同僚は↓こんな感じです。

 

 

・1億円を超えるタワーマンションに住んでいる

・毎年海外旅行に行っている

・1,000万円を超える車に乗っている

・子供の習い事に年間200万以上かける

・近所の公園にもタクシーで行く

・毎朝タクシーで出勤する

・奥さまは毎年バックを買っている

・暗号資産に投資している

 

 

たいていの欲しいものは臆せず買えます。

あと自転車で10分かかる距離の公園にはタクシーで行きます。

海外旅行に200万かけることもしばしば。

 

 

要するに、普通より金持ちなんです。

そりゃそーだ。

 

 

年収2000万円の人の位置付け

 

大台と言われる年収1,000万円。

年収2,000万円はさらにその倍です。

 

 

上には上がいくらでもいますが、一般的にはなかなかいないレベルだと思います。

 

そこでレア度を調べてみました。

 

 

 

結論。

 

年収2,000万円は、

  • 独身だと上位0.5%
  • 世帯年収だと上位1%

だそうです。

 

※2019年国民生活基礎調査より(2020年はコロナで調査自体が中止)

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa19/index.html

 

 

100人いたら一番上ということなので、想像通りだいぶ上の方です。

そりゃ金持ちだわな。

 

 

ただし!

収入と生活レベルは基本的に比例しますが、収入が2倍になったからといって、生活レベルも2倍にはなりません。

 

 

これには、税金という名の「年貢」があるからです。

累進課税という恐ろしい制度です。

稼げば稼ぐほど、額面と手取り額の差は開いていくのです。

 

 

では、お金を何に使っているのか。

具体的にさらしていきましょう。

 

 

年収2,000万円の生活コスト

 

僕の同僚たちは、だいたい「800万円~1200万円+教育費」という生活をしている人が多いです。

 

おおざっぱにいうと、

  • 生活コストは若干高め。
  • 教育費は子供の人数とか考え方によって大きく変わる。

そんな感じです。

 

 

 

なんといっても年収2,000万円レベルになると、税金が実に700万円くらい取られます。

手残りは1,300万円。

ここから1,000万円使っちゃうと、残り300万円。

 

海外旅行に行って、少し贅沢したり、塾に通ったりすると、実はお金は一切貯まりません。

 

 

 

結局、所詮はこんなものなのですよね。

やっぱり税金が大きい。

 

そして普通よりは(段違いに?)忙しいので時間に余裕はありません。

うーん、幸せとはなんぞや。

 

 

 

 

ちなみに僕の場合は以下のような内訳です。

 

  • 住宅費 500万円
  • 食費・光熱費・通信費 300万円
  • 保険 200万円
  • 教育費 100万円

 

住宅費が最も高いです。

僕は、自分の資産管理会社の社宅として契約しているので、一応経費にしています。

真っ当に支払うと高いですね。

 

 

 

保険は積み立てがメインですが、もはや放置してます。

見直したほうがいいのだろうな。

 

コロナの影響で最近は旅行にいっていません。

なので、年間コストには出てきていませんね。

 

 

年収2,000万円の住宅事情

 

僕の同僚には賃貸派はほぼいません。

若手で未婚の人くらいです。

つまり、大体の人が持ち家です。

 

 

持ち家派

 

おおよそ5,000万円〜1.2億円くらいの家に住んでいます。

最近はマンション価格が上がっているので1億円を超えるモノを買う人も増えてきました。

 

 

東京は広い家が少ないので、

  • 60平米〜90平米
  • 2LDK〜3LDK

のマンション住まいが多いです。

主流は60〜70平米ですね。狭い。

 

当然ローンを使う人が多く、金利は0.5〜0.7%程度のようです。

 

住宅ローン減税を利用する人が多いですが、中には前倒し返済する人もいます。

これには投資家としてはもったいなく感じてしまいますけどね。

 

 

賃貸派

 

賃貸派は、世帯持ちだと

  • 家賃25万〜35万くらい
  • 60平米〜90平米
  • 2LDK〜3LDK

が主流です。

やはり60〜70平米が多く、家賃は30万以下が多いです。

 

 

家賃は収入の3割と言われたりしますが、年収2,000万円を超えてくると当てはまらなくなるようですね。

 

 

 

年収2000万円の貯金額は?

 

これはピンキリです。

0に近い人もいれば1億〜2億くらいで貯めている人もいます。

 

いくつかのタイプに分けられます。

 

  • タイプ1 前倒し返済で貯金なしタイプ
  • タイプ2 管理せずただ貯まっているタイプ
  • タイプ3 浪費タイプ(特に奥様)
  • タイプ4 着実に投資するタイプ
  • タイプ5 爆裂に投資するタイプ

 

それぞれ説明していきます。

 

 

タイプ1 前倒し返済で貯金なしタイプ

 

マンションを買って、前倒しで返済するタイプですね。

このタイプが最も多いです。

特に所帯持ちはこれがほとんどじゃないでしょうか。

全体の60%程はここに該当します。

 

上記のとおり、手残りは300万円ほど。

これを前倒しで銀行に返していく人たちです。

 

節約して年に500万円ほど買える強者もいます。

 

その場合はだいたい入社15〜20年ほど、年齢は40代で完済する感じですね。

 

タイプ2 管理せずただ貯まっているタイプ

 

若手ではこれが一番多いです。

感覚的には20%程度がこれなのではないかと思います。

 

上の例で行くと、年間300万円は貯まりますので、銀行預金に放置しています。

 

もっとも銀行預金は1,000万円までしか保証されないので、1,000万円を超える場合は銀行口座を分ける人は多いです。 

 

タイプ3 浪費型

 

宵越しの金は持たぬと言わんばかりに、使いまくるタイプですね。

 

最近はほとんど見ないですね。

昔は多かった印象ですけど。

稀にいる感じ。

 

旦那が働いている裏で、奥様がしっかりとハイソな生活を楽しんでいるケースはよく聞きます。

それはそれで賢い奥さまですね。

 

 

タイプ4 着実に投資するタイプ

 

最近徐々に増えてきました。

YouTubeなどでインデックス投資が盛んに発信されてますので、投資のハードルが下がっているのだと思います。

 

国もNISAやらIDECOやら促進していますしね。

 

10%くらいの人はこのタイプかなと思います。

 

インデックス投資が一番多く、なかには暗号通貨に手を出す人もいたりします。

 

 

タイプ5 爆裂に投資するタイプ

 

会社に依存したくない人で、行動力がある人がこのタイプに該当します。

感覚的には、100~200人に1人くらいでしょうか。

ちなみに僕はここですね。

不動産投資が貢献して、入社10年目で1億円を突破できました。

働かなくてもよくなるまでにしたこと|年収6,000万×純資産2億に至る経緯

 

 

 

残念なのは、この中のほとんどが「都心のワンルーム投資」をしているということ。

はっきり言います。

これだと絶対に金持ちにはなれません。

これはまた別の機会にでも。

 

 

まとめ

 

タイプ1~5と見てきましたが、どのタイプも金余りの状態とはほど遠いです。

唯一、タイプ5の爆裂投資型の一部は金持ちになれる可能性がありますが、全体の1%もいません。

 

年収2,000万円サラリーマンの生活

  • 庶民の中ではベースが贅沢。タクシー利用・海外旅行は前提。
  • 税金が増えるため、手残りはたいして残らない。
  • 貯まったお金は前倒し返済型がメイン。貯金放置型がそれに続く。
  • 爆裂投資型の大半はワンルームマンション投資で詰んでいる。
  • 仕事が忙しく、時間がない。

 

結局、年収2,000万円だけでは経済的自由(FIRE)は厳しいです。

投資が必要ですね。

 

高年収属性を使って、不動産投資をして、得たキャッシュを投信でまわす。

これが王道です。

 

 

転職を考えている方、就職活動中の学生さん、高年収ライフに興味があれば狙ってみてください。

それではまた。