iPhoneSE到着|LINEもiCloudも結局iTunesバックアップ&再現で解決

2021-05-03

こんにちは、サラリーマン社長です。

さて、念願のiPhoneSEが到着しました。

ということで、早速現在使用しているiPhone7→iPhoneSE引き継ぎ作業を始めました。

これが超絶難しかった笑

結論、従来通りiTunesを使ってフルバックアップ&復元しました。

LINEも写真も何もかもこれで問題ないです。

クラウドとか難しいこと言わずにPC繋いで全データ取ろうぜとwww

PCがない方はiCloud追加容量1ヶ月コースかなぁ。

ちなみにはまった点は以下の通り。参考まで。

LINEのアカウントは複数のiPhoneでは動かない、という仕様

新iPhoneにLINEをインストールすると、アカウント入力と本人確認が行われます。

それにより、旧iPhoneでは同じアカウントにアクセスできなくなります。

が、もし仮に何らかのエラーが生じて新iPhoneでトーク履歴が呼び出せなかったら・・・旧iPhoneではアカウントを引き継ぎ済みなのでアクセスできなくなるため、永遠にトーク履歴が見れないのではないかという不安にかられたわけです。

ということで、トーク履歴のバックアップを取ろうと試みました。

LINEのトーク履歴はiCloudにしかバックアップが取れない

へーーーという仕様ですが、iCloudにしかバックアップが取れません。

となると、iCloudに残そうぜ、となるわけですが、、これが長いトンネルの入り口だった。。

iCloudの容量がいっぱいだとバックアップ準備中がいつまでも続く

はよせーやと思うくらいバックアップ準備中が続いたため、ググったらiCloudの容量不足っぽい。

iCloudって写真が勝手にアップされるので、無料の5GB枠がパンパンになるまでアップされるわけですよね。

そして、いっぱいになるとアップできなくなり、あとは何もしなくなる。

これはこれでいいのですが、いざLINEのバックアップを取りたくてもトーク履歴が入る余地がないわけです。

LINE~~!!他のとこにバックアップとれるようにしてよーー。

ふぅ~、じゃあ容量あけようか、と。そしてハマりだします。

そもそもiCloudのデータって消してもいいのか??

クラウドというものと、真直ぐに向き合わずに生きてきました。

今回iCloudと向き合うことになりました。

そして、、、疲れました。

さて、iCloud.comにパソコンからアクセスして中身を見てみました。

iCloud上には約1,000枚の画像データがありました。

iPhone上には約10,000枚の画像データがあります。

は?何で差があるの?

同じ画像はあるようだけど、、

保存されている画像の撮影時期もランダム。

・・・これ消していいのか?

iCloud上のデータを消しちゃダメなケース

ということでせこせこ調べました。

結論、以下の設定になっているときには消しちゃダメです。

iCloud写真 ON

こうなってるとiPhoneの写真とiCloudの写真を同期しているらしいので、iCloud.comから写真を消したらiPhoneからも消えるらしい。

こわいわ。もっとわかりやすくせーよ。分かりやすくするの得意なんちゃうんか。

ということで、

iCloud写真 OFFにする

をしたいのですが、さらに事態は深刻さを増してきます。

おもむろにiCloud写真をOFFにすると、以下の3択が出てくる。

・iPhoneの画像を削除する

・オリジナル画像をダウンロードする

・キャンセル

え、っと。キャンセルで。w

イミフ。

これは要するにこういうことらしいです。

前提知識が必要です。

iPhoneストレージを最適化/オリジナルをダウンロード

事態を理解するためには、一つ下に用意されている設定メニューを理解する必要があります。

この設定が”iPhoneストレージを最適化”にチェックがついている場合。

iCloud写真がONになっていると、iPhoneで撮影した写真はiCloudにアップされます。

このとき、iPhoneストレージを最適化にチェックがついていたら、iCloudに写真をアップした後に、iPhone側の画像データは削除され、適当なサムネイル画像だけがiPhoneに残されるようです。

じゃあiPhoneで画像見れなくなっちゃうじゃん、という疑問がわきますが、iPhoneで画像を見ようとタップしたタイミングで、iCloudから画像をダウンロードしてきて、表示するという仕様のようですね。

むかーし、スティーブジョブズは高速WiFiがどこの街に行っても整備された世の中を想像していたと何かの本で読みましたが、その前提なら理解できる仕様ですね。

要するに、これによりiPhoneの容量を確保しようという目論見です。

となると、この設定をしていた場合、iCloudに保存されたオリジナル画像は、iPhone本体にはないんだぜ、ということになります。

一方、オリジナル画像をダウンロードするにチェックがついている場合。

上記の逆で、iPhone本体にも同じ画像が残ります。

iPhone本体の容量はすぐにいっぱいになっちゃいますけどね。

はい、ということで。さらに話を戻します。

iCloudなんてもうつかわなーーい、iCloud写真をOFFにしたいぜーーという設定をしようとすると、

・じゃあiCloudの画像をもう呼び出すことはないから、iPhone内にあるサムネイル画像消すよ?(という意味で"iPhoneの画像を削除する"と言っている)

・じゃあiCloudにある画像をiPhoneにダウンロードする?(という意味で"オリジナル画像をダウンロードする"と言っている)

を聞いてきます。

で、大半の人はiPhoneの容量がないからこの設定をしているわけなので、いまさらiPhone本体にダウンロードなんてできないわけで、iPhoneの画像を削除する方向で進めることになるわけです。

となると。となると。さらに話は戻ります。

iCloudの容量をあけるためには、

・iCloud写真をOFFにする(同期を切る)

・iPhone内の画像を削除する(iPhoneからは画像を呼び出せなくなる。でももともと容量以上の画像を見えるようにしていただけだから仕方ないよね。iPhoneの容量増やすと高いし。ていうか外部メディア使えるようにせんかい。ま、PCにつないでHDDに画像を残すしかないのか。結局。それが普通だな。と自己理解する。)

・iCloud.comにアクセスし、写真をPCに保存する。

・iCloud.comにアクセスし、写真を削除する

という流れでiCloudの容量を空けることになるわけです。

iCloudの空き容量をとうとう増やす!

LINEのトーク履歴は100MB程度だったので、画像データでは50枚くらい?

iCloud.comにPCからアクセスし、PC内に画像を保存したうえで、iCloud.comから画像を消し、そこにLINEのトークのバックアップを取ろうと思いました。

そこでひとつ気になる点が。

iCloud.comで消した画像がiPhoneから見えなくなるのは嫌だな・・・

うーん。さぁどうしよう。

こうなったらiCloudの容量を増やそうか。

それがいいじゃん。

50GBが130円だよ。

そうしようそうしよう。

iPhoneSEの容量は256GB。いまのiPhoneは128GB。

iCloudにしか保存されていない画像もオリジナルをiPhoneにも残す設定にしても5GBしか増えないし。

LINEのバックアップもそこにとればいいんじゃね。

ということで、130円ポチ。

改めてLINEバックアップ

即成功しました。

で、話は最初に戻りまして。

改めてiTunesでフルバックアップ&再現を行う。

びびりにびびって130円払ったiCloud容量。

結局ここに保存したLINEのトーク履歴は使わずとも、iTunesバックアップもちゃんと再現されてました。

iTunesバックアップ、最強説。

ということで結論

PCを持っている人は、特に考えずにiTunesバックアップ&再現をしましょう。

めでたしめでたし。

ということで。

くっそーーー時間とられたぁぁぁあ。

ま、結果オーライ。

うまくいってよかったね^^

それではまた。